良質な法律サービスを提供できるよう尽力します。

在留資格VISA関係業務|行政書士森弘太郎事務所

業務案内<在留資格VISA関係業務>

在留資格VISA関係業務

日本に住む外国人は法律上、在留資格を取得する必要があります。そして、その在留資格の活動範囲内において仕事や学業などの社会活動を行うことが義務付けられています。近年では「日本企業の国際化対応」や「中国、東南アジア地域の専門人材育成支援」、更には景気回復に伴う「労働力不足」により外国人従業員はますます増加しています。当事務所では在留を希望する外国人の方々の在留資格新規取得、資格変更、期間更新を支援します。海外から目的を持ってこられた方々の諸活動を支援し、不慣れな日本での生活がより充実したものになるようサポートします。

また、中国、台湾、東南アジア地域の経済発展に伴い、先進的な日本への外国企業の進出や子会社設立も増加しています。当事務所では外国企業の会社設立から設立後の運営を含めた「経営法律サポート」をさせていただきます。

その他、従来からの食品工場などに加えて、製造業やサービス業など多様な分野で増加する外国人労働者についても、平成31年4月からの「特定技能外国人受入れに関する運用要領」に基づく新しい在留資格制度に対応させていただきます。
問い合わせをお待ちしています。

<在留資格VISA関係>
  • 在留資格申請
  • 特定技能外国人受入れの制度設計、業務支援
  • 外国企業の会社設立支援、経営支援
  • 日本での勉学や仕事などの相談