お困りですか?そのようなときは当事務所にご相談ください。

個人情報保護指針|行政書士森弘太郎事務所

個人情報保護指針

依頼者から提供される個人情報は行政書士業務において必要不可欠であるとともに、適切に保護、管理されるべき重要な情報資産になります。行政書士森弘太郎事務所(以下、「当事務所」と言います。)は、行政書士事務所としての受託業務を遂行するため、行政書士法に規定されている守秘義務を遵守するとともに「個人情報の保護に関する法律」及びその関連法令についても遵守を徹底します。また、事務所内での情報資産の安全管理体制について継続的改善を行い、当事務所の品質向上を図っていきます。

個人情報における基本方針

  1. 当事務所は個人情報保護法及び行政書士法、その他の関連法令を遵守します。
  2. 当事務所は、個人情報保護に関する管理体制を継続的に改善するとともに、個人情報保護法や行政書士法などを定期的に再確認し、業務運営の品質向上を図っていきます。
  3. 当事務所は、個人情報をお客様に明示した利用目的の範囲内で取り扱います。また、当社はお客様からご提供いただいた個人情報については第三者に開示または提供いたしません。
  4. 当事務所は、個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、漏洩等について事務システム上で予防に努めます。
  5. 当事務所は、不必要になった個人情報や企業情報については紛失、漏洩防止の点から外部専門業者に紙媒体などの処理を委託し、その安全を図っていきます。

個人情報の利用目的

  1. 許認可申請手続、法務コンプライアンス支援、法的サービスのために利用します。
  2. 当事務所が作成する案内状、業務案内、法的資料等を送付するために利用します。
  3. その他、当事務所の業務運営に必要範囲においてのみ利用します。

 

情報開示請求と企業情報保護

  1. 当事務所では、個人情報に関するお客様からのお問い合わせ、個人情報の開示・訂正・削除等の要望があった際には、適切かつ迅速に対応します。
  2. 当事務所では、適切な個人情報保護を図るため、また、関係法令の変更に伴い、個人情報保護方針を改定いたします。
  3. 当事務所では個人情報保護と同様に、委託先企業の非公開情報や企業秘密についても高いレベルで漏洩防止に努めます。また、業務上知り得た企業情報について外部に漏らさないよう細心の注意を払い業務運営を行っていきます。企業情報に対する委託先企業の問い合わせについては迅速かつ丁寧に対応いたします。

行政書士森弘太郎事務所
行政書士 森 弘太郎